TOP > 歯周病治療

歯周病は、比較的痛みの少ない経過の緩やかな慢性の病気のため自分では気づかない間に感染して進行し、痛みや腫れ(膿が出る)などの症状が出てきたときにはすでに重症になっている場合が多いのが特徴です。

歯周病にかかっている人は、全人口の80%と言われています。

健康な方と比べると数倍も心臓血管疾患(心筋梗塞・動脈硬化・脳梗塞など)になりやすいというデータが出ています。

歯周病菌が歯茎から血管に侵入し、心臓まで到達して血栓を作ってしまうからです。

また歯周病と糖尿病は互いに合併症を引き起こすとされています。歯周病菌が歯茎から血管に侵入すると、肝臓や脂肪細胞に作用します。血糖値を下げる働きを持つインスリンの生成を抑制し、血糖値を上昇させてしまうのです。

歯周病の様子
サーティフィケイト







歯肉の外に見えている部分のブラークコントロールだけで治療が可能になります。

中度歯周病の治療では、歯磨き・通常の歯石除去に加えて、SRP(歯肉縁下スケーリング・ルートプレーニング)が必要となります。

重度の歯周病の治療は、難易度の高い治療方法も含めて複合的に進めていきます。