TOP > 睡眠時無呼吸症候群
睡眠時呼吸障害は、眠っている間に異常な呼吸となり、しかも身体に様々な障害がでる病気です。
睡眠時呼吸障害は、眠っている間に異常な呼吸となり、しかも身体に様々な障害がでる病気です。

睡眠時無呼吸症候群は睡眠時呼吸障害と呼ばれ、昼間の眠気、いびき、呼吸停止(無呼吸)などがあり、放置すると糖尿病や脳卒中の原因になることがあります。

また、在宅酸素療法中の方も、睡眠時呼吸障害を伴っている可能性があります。


いびきも小さいいびきは問題ない場合が多いですが、隣に寝られないほど大きないびきは問題があります。

どうしていびきをかくのか、そのメカニズムについて説明します。 いびきは、下図のように鼻腔から咽頭までの空気の通り道が狭くなった時おきます。
マウスピースを使用した治療
不眠症の根本的な原因の1つに、「下アゴのズレ」があります。
下あごを前方に出すことにより、気道が狭くなり呼吸ができにくくなります。
マウスピース療法とは?
睡眠時に特殊なマウスピースを装着し下アゴを前進させた状態で
固定することにより下アゴのズレを補正し、上気道の閉塞を防ぐ治療法です。
マウスピースは持ち運びも楽で、その人にあった形で作成しますので、
ぴったりフィットします。
いびきの構造
  • 1:全身の筋肉がリラックスする。
  • 2:自律神経のバランスが改善。
  • 3:睡眠時に寝返りや仰向けで眠れる。
  • 4:歯ぎしりの改善。
  • 5:いびきの改善。
  • 6:睡眠時無呼吸症候群の改善
睡眠の質が向上し、短時間でもグッスリと眠れる事が期待できます。 単に不眠症が治るだけではなく、
今まで体験したことのない深い眠りを得ることが期待できます。

今まで、睡眠で悩んでいる方に。
前日の疲れを取ることができ、朝スッキリと起きられ、快適な1日をスタートできる! いつも通り、熟睡できずに
グッタリ疲れた目覚めで、疲れも取れない一日をスタートする! どちらが良いでしょうか?
まったく違った生活を送ることができます。

STEP.1 無料電話相談
現在の症状などを詳しく伺います。
STEP.2 池上内科循環器クリニックをご紹介
提携している池上先生にご紹介いたします。当医院の1Fに
ありますので、安心してお願いできます。
STEP.3 池上内科循環器クリニックでの検査
現状の症状が、どの程度なのかを調査します。
症状が軽度~中度であれば、マウスピース療法で治療できます。
STEP.4 紹介状をもらう
検査が終了すると紹介状をもらうことができます。
STEP.5 マウスピース療法のご説明
治療方法から期間、費用まで詳しくご説明いたします。
STEP.6 マウスピース制作
あなたに合ったマウスピースを型を取って作成します。
※マウスピースの制作の際に治療をする場合もあります。
STEP.7 マウスピース完成
実際にマウスピースを装着して、調整致します。
今後は定期的に症状を確認しながら、サポートいたします。
治療までの流れ